1/31/2016

2016年のキーワードは?・・☆


今月ギリギリのアップとなってしまいましたけれど、

新年最初の『出雲bijin』コラムは

有意義な1年となるための

キーワードを

お伝えしています♪

是非、

参考にしてみてくださいね!

出雲bijinコラムは

こちらから

*フェニーチェからのお知らせ*
只今、電話鑑定事務所・フェニーチェでは
2月1日(月)からの受付をしています。
電話鑑定ご希望のお客様は
080-5786-1144まで
お問い合わせください。
それでは宜しくお願いします。

1/29/2016

大人のための恋愛講座*Vol.66 『春画』から見えて来るエロスの国ニッポン・・☆

〜2015年・東京永青文庫で開催された『春画』展〜

去年、ありとあらゆる意味で物議をかもし出した展覧会がありました。

しかも『18歳未満入場禁止』と言う異例の入場制限!

それは、古くからは平安時代に始り

江戸時代に大流行した『春画』です。

東京出張へ行った時、とある割烹屋さんに

その展覧会の図録が置いてあり、

カウンター席に座っていたemyたちと

古美術商のおじさま方はお酒片手に

『春画』談義に華が咲きました・笑。

この展覧会、企業イメージダウンを恐れられたのか

スポンサーゼロの状態で開催されました。

しかし、ふたを開けてみると

来場者はほとんど若い女性たちだったらしく、

大盛況の中、幕を閉じた・・とか?!

性交の場面を緻密に表現されている『春画』

男女だけでなく、同性・動物・職業など

あるとあらゆるシチュエーションが描かれていて

時に北斎漫画の『蛸と海女』のような

猥褻な中にも何処かコミカルな感じな所に

アニミズム(自然崇拝)ニッポン

自由で豊かな発想を垣間みる事が出来ます。


〜江戸時代の『春画』〜

 そもそも何故『春画』が生まれたのか?

その発祥の一説は古美術商のおじさまたちが

やはり詳しかった!!笑。

元々『春画』

嫁入り道具の1つとして誕生したそーです。

初夜の前の参考書?っと思いきや

それ以上に殿方に興奮して頂き

円滑に初夜を終わらせる事が出来るように・・との事。

なのであれほどの過激な描写を

されているのかもしれません。

そんな『春画』は日本国内よりも

海外の方が美術的な価値を認められていたりします。

何時からニッポンは『エロス』

ただの倫理を乱す淫らな猥褻物と

決めつけてしまったのでしょうか?

確かに目を覆いたくなる程の描写も多々あります。

神道もエロ炸裂ですし、

古代の人は『エロス』に対してもっとおおらかで

男女のコミュニケーション手段として重宝していたと思います。

『春画』が其処まで卑猥ならば、

インターネット上に氾濫している画像たちは

一体、どーなんでしょうか?

此処でも『アナログの力』ってあると思いますが、

絵には不思議と想像をかき立ててくれる力が宿っています。

『想像する力』=『イメージする力』

これは恋愛をする上でも重要で、

その中でも『エロス』は恋愛イメージのスイッチを

ONにしてくれます。

『エロス』を否定する限り、恋愛の数も減ってしまう・・。

予想を反して『春画』の来場者が多かったのは

好奇心をかき立てられる魅力があるからでしょうね。

何時か『春画』が芸術性価値の高いものとして

美術館で堂々と開催されるのを楽しみにしています・笑。

そして日本人がどれだけイマジネーションが

豊な人種であった事を再確認したいです・・

PS:

ブログをアップした後、友人が来月、京都・細見美術館で『春画展』が
開催される事を教えてくれました!
さすが!細見美術館♡
何も考えずブログを書いたのですが妖怪アンテナならぬエロアンテナも
全開なんだと思いましたね・笑!
果たして京都では盛況となるのか・・?!
Don't  miss it !!

*フェニーチェからのお知らせ*
只今、電話鑑定事務所・フェニーチェでは
2月1日(月)からの受付をしています。
電話鑑定ご希望のお客様は
080-5786-1144まで
お問い合わせください。
それでは宜しくお願いします。


1/28/2016

大人のための恋愛講座*Vol.65 ぶっちゃけ『ネット』『SNS』の出会いは?・・☆

〜京都のお寺では瓦で出来た水路を良く見かけます(写真は龍安寺)〜

日本だけでなく、今では先進国を中心に

ネット上での『出会い』も多くなりました。

仕事に追われ、なかなかプライベートの時間を作れない・・

人とコミュニケーションを取るのが苦手・・

など、ネットを利用してパートナーを探される方も

大勢いらっしゃいます。

中には悪質なサイトやサクラなど、

信用問題ではちょっと怪しい所もあると言いつつも、

真剣にパートナーを探している方もいらっしゃるのは事実。

そして実際にお客様の中でも

サイトで知り合って幸せな結婚に繋がった人も

大勢いらっしゃいますからね。

『出会い』は何処で繋がっているのか解らないものです。

しかし、とっかかりが簡単なネットやSNS上で

パートナーを見つけるのには

それなりのリスクや忍耐力・持続性を持たなければ

なりません。

時に、直ぐに見つかると思いきや

数年かかってしまうケースもあります。

自分自身の性格を考えて

何とか『ネット』『SNS』でパートナーを見つけたいと

お考えがある方は次のポイントを参考にしてみてください。

ネットでの出会いに成功された方から

お聞きしたポイントのプロファイリングです


○  最初の受け皿は大きくしておく。

例えば、年齢・条件など自分の理想が色々あると思うのですが、
もし、条件に合っていない方からメールがあったとしても
一応、どんな人物なのか様子を見てみましょう。

○ レスが遅い人は本命に入れない。

基本的にサイトを利用される方はコミュニケーション能力に
あまりたけていない方が多いと思うのですが、
信用問題としてメールは重要なポイントです。
ちゃんと返事が出せない人物が、幸せにしてくれる要素が
あるとは考えにくいですね。

○ 直ぐに個人情報を聞きたがる、教える人は注意。

『仕事が忙しく、なかなかサイトがチェック出来ないので
携帯番号を教えるから・・』
 と言う相手は基本、めんどくさがり。
どんなに条件的に合っていると思う人物であったとしても
直ぐに個人情報を教える人は信用出来ません。

○ プロフィール写真は真実ではない。

良くサイトではプロフィール写真が公開されていると
思うのですが『何時撮影されたもの』の規定は無いので
かなり古いものを掲載されている人もしばし。
公開していない人は問題外ですけれど、
プロフィール写真の信憑性は半分にしていてください。

○ やはり『3』の法則は有効。

例えば、返事が3日以内に来るのか?
3週間様子を見てメールの頻度が減っていないか? 
3ヶ月 メールのやりとりをしてから会ってみる。
など『3』の法則は此処でも有効です。

○ 最初から1人に絞らず色んな人とやりとりをしてみる。

みんなそうですが『サイト』『SNS』でパートナーを
見つけようと思っている人は不特定多数の人たちと
やり取りしている可能性は十分に高いです。
しかし、それは優柔不断と言う事ではなく、
色んな人とやりとりをしないとどんな人物が
自分に合っているのか解らないもの。
とりあえず最初は数人の方とやりとりされる方が
後々、判断基準の参考になるかもしれません。

 
 こんな感じで主要な部分を取り上げてみました。

相手が見えない『サイト』『SNS』だからこそ、

信用されるように頑張らなければいけませんよね。

ネット上でパートナーを探すのと

『物件探し』は似ていると思っていて、

実際にその物件を見て自分がどう感じるのか

周りの環境がどんな感じなのかをチェックするのが

重要だったりします。

『物件』もネット上の写真だけで判断するのは

危なかったり、期待ハズレになってしまう事もありますしね。

それと照らし合わせて

ネットのパートナー探しは単なるとっかかりとして利用。

そして実際に会ってフィーリングや相手の言動を

良く観察して最終的なジャッジをしてくださいね!

*フェニーチェからのお知らせ*
只今、電話鑑定事務所・フェニーチェでは
1月29日(金)からの受付をしています。
電話鑑定ご希望のお客様は
080-5786-1144まで
お問い合わせください。
それでは宜しくお願いします。


1/27/2016

大人のための恋愛講座*Vol.64 『出会い』は誰に頼むのが有益?・・☆

〜もうすぐ梅の季節です♪(京都・北野天満宮)〜

職場や身近な所に出会いが無い時、

『パートナー』を求めるのなら

自分で嫌でも動かなければならない・・。

インターネットが主流でこんなに情報が溢れているのに

血の通った人間に出会うのには苦労が付き物。

ホント、やっかいな世の中です・笑。 

逆に考えると手軽にコミュニケーション手段を

取られるようになったので

行動に移すのがおっくうになっているのかもしれません。

 でも時代が変わっても

人間は『愛』を求める動物・・。

自分と共に人生をエンジョイ出来る
パートナーが欲しい!

でもどうやって見つければ良いのか解らない!


そんな感じで

迷える子羊たちは年々増えて行くばかりです。

其処で

一体、誰に頼むと『良縁』に繋がるのか?

と言う所ですが、

昨日、お伝えしたように

男友達&頼れる上司に頼むのは

あまり有益ではありません。

では両親が持って来るお見合いの話が確実?

いえいえ・・

意外とこれも期待ハズレが多いし、

親がらみになると断りにくい状況が

出て来てしまいます。

そう・・

無責任になれないプレッシャーで

相手の事も良く見る事が出来ません。

じゃ〜どーすれば良いの??

っとなりますが、

今まで紹介され無事ゴールインされた

カップルたちのデーターから

『出会い』は誰に頼むのが有益?

をはじき出したいと思います。

○ 職場でパートナーを見つけたければ上司よりも

同僚か先輩に頼む。

家に居る時間より長い職場環境で相手を洞察する時間も
たけています。
自分のポジションにほぼ同等の立場の男女は感覚も
似ているので『プライド』『支配欲』はあまり高くありません。
結婚している同僚ですと更に余裕があるので
良いかもしれませんね。
人間、よほど根性がネジ曲がっていなければ
『幸せ』をお裾分けしたいと考えますので
自分の幸せを周りにも与えてあげたいと思い
『出会い』に関して真剣に考えてくれる人も多いです。 

○ お料理教室・華道・茶道など古風なお稽古場の先生たち。

これ、意外と穴場の『出会いエリア』です。
女性中心のお稽古事ですが、それに携わる先生たちの
交友関係の広さは凄いです。
特に年配の先生でしたら
周りからも
『良い娘さんがいたら・・』
と声をかけられているので隠しカードの数が多いかも・笑。
殿方から見ても女性らしいお稽古事をしている
女子たちに対して既に好印象ですからね♪
でも、その前に先生たちに好かれてなんぼ!と言う
前置きは入りますが・・汗。

○ 同じ趣味を持っている友人・知人 

同じ価値観や趣味を持っている人は
何を求めているのか?・・を親身になって
考え、どんなパートナーが合うのか
イメージも作りやすいです。
その結果、的外れな相手を紹介する率がかなり低いですね。
また趣味を持つ人は向上心も高いので
出会いに対しても積極的に取り入れます。

○ 飲食店を経営している店長・オーナー

やはり接客業にずっと携わっている人は
人を見る目もたけています。
もし『出会い』を求めるのであれば、
行きつけのお店を作るのも有益な方法!
でも飲み過ぎて理性を失わないよーーーに・笑。

っとこんな感じですね。

でも一番大事な事は

人に『出会い』を紹介してもらう前に

〜あ!この人なら素敵な人を紹介したいな!〜

と思わせるように

自分自身の『性』をしっかりと見つめ直す事です。

『女性性』『男性性』・・

自分の魅力は何なのか?何処をアピール出来るか?

を常日頃から考えてみてください。

〜私には何の魅力は無いわ・・〜

なんて思わないないよーーーに。

そんな自分を卑下している人間を

誰も魅力的に思ったりはしません。

薮から棒に

『紹介して〜〜!!』

ではなく、

相手から

『是非、紹介したい!』

とオファーが来るような人物になって下さいね・・


*フェニーチェからのお知らせ*
只今、電話鑑定事務所・フェニーチェでは
1月28日(木)からの受付をしています。
電話鑑定ご希望のお客様は
080-5786-1144まで
お問い合わせください。
それでは宜しくお願いします。

1/22/2016

マニアック福井放浪記 Vol.4 伊邪那美と菊理姫・・☆


〜何とも幻想的な大矢谷白山神社の参道〜

『福井県立恐竜博物館』の館内に貼ってあった

勝山ジオパーク近郊の地図に気になる神社が載っていました。

『大矢谷白山神社』

おぉ・・やっぱり北陸全体は黄泉の国の女神・菊理姫(くくりひめ)

が祀られている神社が多く鎮座され、

此処、勝山にもやっぱり『白山神社』が鎮座される!

しかも博物館から5キロと離れていないので

16時だけどちょっと行けるのではないかと

チャレンジしたくなりました。

〜インターネットから引用した画像・大矢谷白山神社〜
    地図にはこの『巨大岩塊』の写真があって

ぐっと魅かれるものがある・・。

群馬県・榛名神社や和歌山県・花窟(はなのいわや)神社に始り

巨石と一体化しているお社は

底知れぬ神の力に溢れていて、

放出されるエネルギーもハンパではありません。

でもこの季節は雪に閉ざされているので

正直、行けるかどうか全く予想も付きませんでした。

一応、近くまでも・・っと車を走らせると

案の定、雪がまだ残る険しい山道で

低速で進むしか出来ませんでした。

きっと此処であろう地点に到着出来たのですが、

参道も雪で埋まっていて、

その遠くに鳥居が見えているけれど、

時間的にも歩いて行ける感じでは無かったので

今回は断念。

そして一の鳥居の横にあった看板に目を通すと

御主神は菊理姫ではなく伊邪那美(イザナミ)の文字が・・。 

かなり前になりますが、ブログで

『イザナミの鳳凰』と題しまして

〜イザナミとククリ姫は同じではないか?〜    

と仮説を書いてみたり、

菊理姫の謎を邪馬台国と照らし合わせた

『邪馬台国は謎だらけ?!』と言う記事も

書いた事があるのですが、

今回の大矢谷に来て改めて、

(やっぱりイザナミとククリ姫は同じかな〜?)

とちょっと確信する部分がありました。

『古事記』には登場せず『日本書記』にしか登場しない

ミステリアスな女神は何処か魅かれるものがあり・・

次回は桜の季節の時に

この勝山辺りを探索してみたいと思います。

福井県って見所満載!笑。

そして再び小浜市まで戻り、源泉掛け流し温泉で疲れを取って

京都へ戻る前、地もぴー人気の回転寿司屋さんへ

立ち寄りました

日曜日はほとんどお店が閉まっていますけれど、

北陸は回転寿司でもネタが新鮮でめっちゃ美味しい!!

〜やっぱり最初は甘エビから〜♡〜
     
海老、イカ、鯵、鯛・・どれもネタが大きくて新鮮!!!

地もぴー情報だけあって久しぶりに

お魚食い倒れでした・笑。

〜北陸と言えばせいこ蟹!(前回の写真)〜
     せいこ蟹は小さいですけれど、本当に甘くて美味しい!

冬のご馳走は格別です  

福井県・・まだまだ奥が深そうで

マニアックなemyにはたまらない地域です・笑。

『若狭彦・若狭姫神社』の御神水の他に、

福井県・大野市にも素晴らしい名水が汲める場所があります。

〜街中を流れる『御清水』〜
   
〜御清水と書いて『おしょうず』と読みます〜


大野盆地に流れる川の名前がまず凄い!

『九頭竜川』に『真名川』・・

宮崎県・高千穂峡の『真名井の滝』に始り、

最も神聖なお水には『真名井』と言う名前が

付けられている事が多いです。

此処、大野市の『御清水』は自然の石で濾過されていて

そのまま飲める程の湧き水です。

日本には『名水百選』と謳われる場所が多く点在しますけれど、

あらゆる『気』を浸透させる水ほど、

身体の中に直接影響を及ぼすものはありません。

福井県の名水は何処も素晴らしいエネルギーに満ちていて

一切の曇りも邪気も見当たらない凄い御神水です。

次回は伊邪那美(菊理姫)とまだまだ周りきれていない

名水・滝巡りをしてみたいと思います

〜The End 〜  
*フェニーチェからのお知らせ*
只今、電話鑑定事務所・フェニーチェでは
1月25日(月)からの受付をしています。
電話鑑定ご希望のお客様は
080-5786-1144まで
お問い合わせください。
それでは宜しくお願いします。
   

     

1/21/2016

マニアック福井放浪記 Vol.3 時空差のスポット・・☆

〜雪に覆われた田んぼに現れるホワイトザウルス!〜

敦賀で美味しいマクロビランチを頂いた後、

本日のメインイベント『福井県立恐竜博物館』へ向かいます。

福井県って縄文だの化石など、

今だに古代ロマンが次々に発掘されているタイムマシンエリア!

敦賀から更に更に北東へ車を走らせ勝山市へ向かいました。

大野を超えた辺りから一面、雪景色!

やっとスタッドレスタイヤの威力を発揮出来る日が来ました・笑。


 道中、ほとんど車とすれ違う事が無かったのですが、

この週末はたまたま無料拝観日だったので

博物館へ近づくと色んなエリアのナンバープレートが雪道を走っています。

神戸、大阪、京都、奈良、岐阜、愛知・・

しかも子供連れのファミリーが多かったですね。

〜独創的な建物の設計は黒川紀章氏〜
 
〜渦巻き状の館内はNYのグッゲンハイム美術館を思い出します〜

〜中央のなが〜〜いエスカレーターを下がって入り口へ〜

シンメトリー(左右対称)のエスカレーターのデザインは

近未来的で素敵

恐竜を見る前に建物を見入ってしまいました・笑。

忠実に再現されたジオラマや本物の化石などが

多数展示されていてなかなか見応えあり!

原石も多く展示されていて、

今となっては貴重な天然石も数々見る事が出来ます。

しか−−−し!!!

emyはスッカリ忘れていました・・。

古代物に触れるとめっちゃ眠気が襲う事を・・汗。

展示物を見ていると急に睡魔が襲って

眠くて眠くてたまらない・・あくびが止まらない・・。

この感覚・・

そーーーだ!

出雲大社に隣接する『古代出雲歴史博物館』へ行った時と同じ。

あの時はもっと酷くて途中で歩けない程、

眠くなってしまい、ソファーで休んでいた程でした・汗。

今回は化石に反応してしまっているのか、

原石に反応してしまっているのか

解らないのですが、

自分なりに考えて分析してみると、

古代の物の波動と現代の波動のはざまが

目に見えないけれど存在していて、

その『時空差のスポット』にハマると

時間軸のズレに身体が付いて来れなくて

睡魔が襲うのではないか・・と。

でも、妖怪アンテナを立てている

訳じゃないんですけれどね・笑。

そしてどうやらemyにとってこの睡魔は

弥生時代以前の物に触れた時に起こるようです。

博物館自体は非常に良く出来ていて

大変楽しめる所なんですけれどね・笑。

久しぶりに『時空差のスポット』に入ってしまいました。

とりあえず、今日のメインイベントはこれで終了!

しかし、館内に貼られていた『勝山ジオパーク』の地図に

気になる箇所を発見!

時計を見るともうすぐ16時・・。

行けるか?行けないか?

ちょっとチャレンジしてみる事にしました。

〜to be next 〜
*フェニーチェからのお知らせ*
只今、電話鑑定事務所・フェニーチェでは
1月22日(金)からの受付をしています。
電話鑑定ご希望のお客様は
080-5786-1144まで
お問い合わせください。
それでは宜しくお願いします。